間取り・動線

こんなはずじゃなかった?!をなくす、間取りづくり収納スペース注意ポイント

ご訪問ありがとうございます。

おうち作りをするときに、誰でもいいおうちを建てたいし、
失敗したくない!と思うもの。

ところが、家を建てた方たちに聞いてみると
「こんなはずじゃなかった!」を思うのは
「収納のつくり」についてが多いようです。

【家を建ててみて】収納がなんだか使いにくい・・・

 

暮らしやすさを叶えるには
収納スペースが使いやすいか、使いにくいかは
大きな大きな問題ですよね。

特にお片づけが苦手な方にとって、
どこに注意しておうちの収納作りを進めていくといいのか?
そのポイントをシェアします。

 

「使いにくい」を防ごう!収納スペースの広さや収納量よりも大切なこと。

「収納はとにかく多い方がいい!」

そう思っている人もいらっしゃるかと思います。
間違いとも言い切れませんが、実際には合っているとも言えないんですね。

広さも、収納量も、どちらもとても大事ですが
それよりも「使いやすいかどうか」の方がもっと大切になります。

使いやすさの中身は、

収めたいモノに合った奥行きか

生活動線上に配置がされているか

出入りがラクにできるか

収納スペースは、使いやすい必要な奥行きで&動線上に作ること

どの方の家づくりについても全く同じですが、
お片づけに苦手感がある方の場合は、特にとても大事になってくるポイントです!!

なぜなら、「わざわざ行く」「わざわざ片づける」ということに
苦手さが隠れているからです。

そして、広くてたくさんモノが入り便利そう!という場所であっても、
モノが重なって置かれると、もう何があるのか分かりません。
かえって「使えないスペース」になりがちなんですね。
深すぎる奥行きは要注意です。

収納の奥行き

動線上へのスペース作り

ここを強く意識して、担当の設計士さんと
間取りづくりを進めていただければと思います。

 

そして、もう一つ。

出入りがラクにできるかどうか

これも、お片づけ苦手さんにとっては大きなポイントになります。

狭いところって、そもそも行きにくいもの。
そこをわざわざ通って、モノを片づけに行く、収納スペースを使う、
というのは、結構なハードルの高さです。

わたしたち、ラクをしたいですよね(笑)
今お片づけのプロとなっているスタッフも
どうにかラクにできないかな?と毎日のお片づけや家事を工夫する中で、
この「わざわざ」ということがないように、
少しでもスムーズにモノを探せて、元に戻せるように考えています。

お片づけのしやすさには色々な要素がありますが、
その収納スペースにいかにスムーズに行けるかどうか、
出入りがしやすいかも大事なポイントになってきます。

「わざわざ感」なくしていきましょう。

 

【収納】最大限の使いやすさを叶える、たった一つのこと

それは、やはり

自分に必要なものだけを持つということ

これに尽きます。

 

わかってるんだけど、それがなかなかできないんですよ・・・

分かります!
時間もないですし、家づくりを進めている最中では
さらにやることも山盛りですよね。

 

ですが、家づくりは人生最大の片づく暮らしへの大チャンス

 

・今はもう使っていないもの
・本当は必要ないもの
・「大事な思い出」以外のもの
・ライフステージが変わって卒業するもの

 

こういったものが一緒に新居に引越ししてしまうと、
いくら使いやすい収納を図面上で考えていても
これでは使いにくい収納になりかねないのです・・・。

 

 

私たちもお片づけのサポートをさせていただく中で、
せっかくの新生活が「とりあえず持ってきた」モノで
収納がいっぱいになっていて、使いにくくなっているという
そんなお宅も拝見してきています。

引越しで一度荷物を収納スペースに収めてしまうと、
忙しい暮らしの中ではなかなか

「また全部出して、要不要を考えて片づけて、収納に収める」

ということが難しいんですね(泣)

 

新生活を心地よく、暮らしやすくするために、
ぜひ持ち物の整理を事前にしてから引越しをしましょう。

時間がない!

自分だけでは大変すぎる!

どうしていいのか分からない!

そんな方は、ぜひ周りにいるお片づけのプロに相談されてみてください。
計画的にモノの整理も進みますし、引越しも新生活もラクになりますよ♪

 

 

収納企画トトノエ堂は、
あなたの価値観に合わせたお片づけを提案しています。
(全員がお片づけのプロ/ライフオーガナイザー®︎です)

お片づけのサポートのご依頼は、こちらから。

オンラインでもお片づけ相談をお受けしています。
お気軽にお問い合わせくださいね。