未分類

浴室の鏡って必要?つけなくても大丈夫なの?

浴室のお掃除で特に大変なのが鏡のお掃除!
ウロコ状に蓄積された汚れに苦戦した経験がある方も多いのでは。

「新しいお家のお風呂にはいっそ鏡をつけないでおこうかしら?
でも、つけなかったら後で困ることがあるかもしれないし、
そもそもつけないでおくことってできるの?」

どうしようか考えはじめると迷ってしまいますよね。

一般的にはついている場合が多い浴室の鏡ですが、あえてつけないということもできるんですよ。
鏡がない場合のあれこれも考えながらウチにとってのベストを選びたいですね。

 

実際に地元の工務店さんと家づくりを行っているトトノエ堂が、
浴室に鏡をつける?つけない?についてお伝えします。

 

今のお家では浴室の鏡を使っていますか?家族にも聞いてみましょう

まずは、今の暮らしを振り返ってみてください。
毎日の入浴で実際に鏡を使っているか思い出してみましょう。

鏡を見ながらお肌や髪のお手入れをしたり、体型のチェックをしていませんか。
男性ならヒゲを剃る場合もありそうですね。

新築やリフォームでお家が新しくなっても、長年の生活習慣はそうそう変わらない場合が多いようです。
無理やり変えてストレスになってもいけませんね。

そう考えると、
現在鏡を使っている場合は、つけておくほうがよさそうです。


また自分は使っていなくても、同居の家族が使っている場合があるのでみんなに確認することが必要です。

つけない場合ってどうなの?

今の住まいで入浴中特に鏡を使っていない場合は、新しい家になっても浴室の鏡は使わないかもしれませんね。

使わない場合は、初めから鏡をつけないこともできます。


鏡が無いと

・鏡の掃除の手間がなくなる
・見た目がスッキリする
・コストダウンできる場合がある(要確認)

などのメリットもありますが、
鏡には空間を広く見せる効果があることから

・浴室内が狭く感じる

という方もいらっしゃるようです。
                 


何を優先するか?で決めよう

家族みんなが使う浴室。

一日の疲れを癒してリラックスしたり、小さなお子さんとのコミュニケーションの場であったりします。

家族にとって快適な浴室にするために、何を優先するかが鏡をつけるかつけないかの目安になります。

何を優先させるかはその人や家族によって違うので、「ウチの場合」を意識するといいですね。


・鏡の使用頻度
・掃除の手間
・浴室内の空間の見え方

など、何を一番優先させるのか考えてみましょう。


今はいらないと思うけど、やっぱり必要になったらどうしよう?
と心配な場合は、いざとなったら手鏡を持ち込んだり、マグネットや吸盤で壁にくっつくタイプの鏡もたくさん売っているので、それらを利用すれば大丈夫だと考えれば少し安心かもしれませんね。

まとめ

浴室の鏡をつける?つけない?で迷った時、考えてみるポイントのまとめです。

・今の暮らしで浴室の鏡を使っているか振り返ってみよう  
 (家族への確認もお忘れなく)


・何を優先するのか「ウチの場合」を考えてみよう


・鏡をつけずにもし後から必要になったとしても、
 市販の鏡などを利用することもできる


たかが鏡、されど鏡。
新築・リフォームの際は、鏡一枚のことにも悩んで考えるものです。
悩むことも楽しみながら家づくりを進めていきたいですね。


そんな家づくりを応援しています。
お役に立つことがあれば幸いです。